食レポ

銀座あけぼの「青梅」を食べてみた【期間限定】

アイキャッチ画像
茶っち

こんにちは!茶っちです!

今回は、銀座あけぼのさんが手がけている「青梅」という和菓子をご紹介します。

甘い白餡に酸味のある青梅…

一体どんな味わいの和菓子なのかが気になり、実際に食べてみることにしました。

銀座あけぼのの「青梅」とは?

商品情報

名称生菓子(青梅)
原材料名梅甘露煮(梅(国産)、砂糖)、白餡(手亡豆、砂糖、水飴、麦芽糖)、餅粉、砂糖、白玉粉、水飴、澱粉/着色料(クチナシ)、pH調整剤、酸化防止剤(V .C)
内容量1個
賞味期限約5日
保存方法直射日光、高温多湿を避けて保存
販売者(株)曙
商品情報

銀座あけぼのは、昭和23年頃に銀座に創業した和菓子屋です。

「あけぼの」という名前には、新しい日本の夜明けを願う気持ちが込められているとのこと。

そんな銀座あけぼのさんが、毎年4月~6月下旬に期間限定で販売しているのが、この「青梅」という和菓子です。

栄養成分

熱量115kcal
タンパク質2.1g
脂質0.1g
炭水化物26.4g
食塩相当量0.01g
栄養成分表示(1個当たり)

青梅を実際に食べてみた

青梅の写真
青梅
青梅の断面の写真
青梅の断面

青梅は、やや小ぶりで可愛らしい梅の形をしています。

早速中を見てみると、梅の種が入っていました。

食べる際は、種に十分ご注意ください。

外側は、国産の白玉粉と羽二重粉を合わせて作られた求肥になっています。

そして中に入っているのが、こだわりの青梅です。

奈良・徳島産の「鶯宿(おうしゅく)梅」の蜜漬けが丸ごと一粒、贅沢に使用されています。

梅酒漬けではないため、お子様でも安心して召し上がることができます。

青梅と求肥の間には、北海道産の手亡豆を使用した白餡も入っています。

一口かじってみると…

求肥と白餡のやさしい甘さに、酸味のある青梅のバランスが絶妙でした。

梅とあんこは少し意外な組み合わせであったため、正直、食べる前は味の想像がつきませんでした。

ですが、実際に食べてみると、青梅とあんこが程よくマッチしていて、爽やかな味わいで本当に美味しかったです。

大福ならではのなめらかな食感に、少しシャキッとした歯ごたえのある青梅。求肥のもちもち食感もたまりません。

食感が楽しくて舌触りも良いため、高級感も感じられました。

まとめ

今回ご紹介した銀座あけぼのさんの「青梅」という和菓子は、白餡の甘さと青梅の酸味のバランスが絶妙な逸品です。

少し意外性がありますが、甘酸っぱさがとても美味しくて上品な和菓子です。

ここがおすすめ

  • 甘酸っぱい青梅
  • なめらかな美味しい白餡
  • 甘味と酸味の絶妙なバランス
  • もちもちの求肥

気になった方や梅が好きな方は、ぜひこの「青梅」をご賞味ください。

茶っち

最後まで読んで頂きありがとうございました!

\ おいしい和菓子が収穫できます /

茶っちの楽天ROOM

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

茶っち

お茶と和菓子がとにかく大好き。美味しくてどこかホッとする、そんな和菓子の魅力を発信するべくブログを開設。詳しいプロフィールはこちら

-食レポ
-,