オリジナル

和菓子の魅力は?茶道講師に聞いてみた【インタビュー】

アイキャッチ画像
茶っち

こんにちは!茶っちです!

先日、とある茶道講師のもとにお邪魔する機会があり、「和菓子の魅力」についてインタビューさせて頂きました。

みなさんは、「和菓子の魅力」とは何だと思いますか?

「おいしい」「美しい」「日本の伝統」などの様々な意見が挙げられるでしょう。

では、茶道における和菓子の役割や魅力とは何なのでしょうか?

今回の記事では、「和菓子の魅力」について茶道講師の方がお話してくださった内容をお伝えします。

はじめに

今回和菓子の魅力についてお話して下さった茶道講師の方は、ご自宅の茶室でお稽古をされています。

初めに、茶道で使われている主なお道具を見せて頂きました。

茶道のお道具
茶道のお点前の様子
茶っち

素敵なお道具ですね。

茶道講師

茶道はお道具も奥が深いんですよ。その時々によって、席や季節に合うものを選んでいます。

茶道講師に和菓子の魅力を聞いてみた

ここからが本題。

和菓子の魅力について、以下の7つの質問をさせて頂きました。

  • 茶道を始めたきっかけは何ですか?
  • 好きな和菓子は何ですか?
  • 今まで食べた中で、最も印象に残っている和菓子は何ですか?
  • 茶道いおいて、和菓子はどのような役割をしているのですか?
  • 茶道には、上生菓子がよく用いられているイメージがありますが、上生菓子以外の和菓子を使うこともありますか?
  • 茶道の稽古に用いる和菓子を決める際に意識していることはありますか?
  • あなたが考える和菓子の魅力とは?
茶っち

それでは、早速お答えして頂きましょう!

茶道を始めたきっかけは何ですか?

茶道講師

身内に茶道をたしなむ人がいたことが大きなきっかけです。

時間に余裕ができ、日本の文化に触れる良い機会になると考えて始めました。

好きな和菓子は何ですか?

茶道講師

上生菓子です。

しっとりしたさわやかな甘さが口の中に残り、後のお茶がより美味しく感じられるからです。

ですが、基本的に小豆製品はどれも大好きです。(笑)

今まで食べた中で、最も印象に残っている和菓子は何ですか?

茶道講師

仙台の「霜ばしら」という銘菓です。

霜柱をお菓子で表現するという発想がすごいです。

和菓子の面白さを改めて感じさせられました。

霜ばしらについて

「霜ばしら」とは、毎年10月~4月にかけて期間限定で販売される、九重本舗玉澤(宮城県仙台市)の飴菓子です。

口に入れた瞬間に溶けてしまう非常に繊細なお菓子として、SNSでも注目を集めています。

茶道において、和菓子はどのような役割をしているのですか?

茶道講師

人と人との和合ですね。

床の間に飾られている花のように、席中に季節感をもたらしてくれます。

茶道具と同じく、見て楽しまれるというのも役割の一つだと思っています。

茶道には、上生菓子がよく用いられているイメージがありますが、上生菓子以外の和菓子を使うこともありますか?

茶道講師

薄茶の時は、干菓子を使うこともあります。

ただし、噛むと音がしてしまうものは避けます。

茶道で点てるお茶には、「薄茶」と「濃茶」の2種類があるそうです。

干菓子について知りたい方は、こちらの記事をご参照下さい。

茶道の稽古に用いる和菓子を決める際に意識していることはありますか?

茶道講師

主に意識しているのは3つのことです。

  • 季節が表現されているお菓子か
  • 今、この茶席に相応しいお菓子か
  • お客様が召し上がりやすいか

あなたが考える和菓子の魅力とは?

茶道講師

まずは見た目です。

和菓子は形や色によって、花や生き物、景色などが表現されていて美しいと感じます。

茶道講師

続いては、やっぱり味ですね。

和菓子の甘味のもとは、主に砂糖や蜂蜜などですが...

それらから生み出される優しい甘さは、和菓子ならではの魅力だと感じています。

茶道講師

少し似ていますが、材料も。

和菓子は、小豆やその他の豆類、芋類などが主な材料となっています。

日本らしさが伝わってきますよね。

また、これらの材料にこだわりを持って作られている和菓子は本当においしいです。

茶道講師

そして、作り方にも魅力を感じています。

和菓子を食べるときに、作った人の心が伝わってくるんです。

心を込めて手作りされた和菓子は、食べるとなんだか温かい気持ちになりますね。

茶道講師

...長々とお伝えしましたが、なによりも「美味しいこと」が1番の和菓子の魅力です。

最後にひとこと

和菓子の魅力は語りきれない程たくさんあります。

昔は和菓子を食べたいがために茶道のお稽古をするなんてことも...。(笑)

最近は茶道が身近なものであるという方はあまりいらっしゃらないと思いますが、和菓子が切り口となって、たくさんの方々に日本らしい和の心に触れて欲しいと思います。

茶っち

ありがとうございました。

最後に

いかがでしたか?

普段何気なく食べている和菓子ですが、茶道における和菓子は、非常に奥が深いものであると感じました。

また、今回インタビューさせて頂く中で、茶道講師の方の茶道に対する思い入れや熱意が非常によく伝わってきました。

食べたい時に、手軽に和菓子が手に入るようになった現在。

茶道をやっている方はもちろん、やっていない方でも、和菓子がきっかけとなって和の心を重んじることができる点も、和菓子の魅力ですね。

茶っち

最後まで読んで頂きありがとうございました!

\ おいしい和菓子が収穫できます /

茶っちの楽天ROOM

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

茶っち

お茶と和菓子がとにかく大好き。美味しくてどこかホッとする、そんな和菓子の魅力を発信するべくブログを開設。詳しいプロフィールはこちら

-オリジナル
-